台湾 今後の緩和計画を発表

コロナ関連情報

 台湾交通部は5月15日に交通・観光の今後の緩和計画を発表

現在台湾では外国人の入境を居住者に限定をしており一般の外国人は入境ができません。現在の制限を緩和していく見通しが発表されました。観光目的の外国人受入は10月1日からを目指しているとのことです。
商用目的の外国人の入国再開は具体的には触れられておりません。

第一段階 5月27日〜7月31日「防疫旅行」

台湾高速鉄道の運行本数を徐々に増やしていく。

第二段階 8月1日〜10月31日「安心旅行」

台湾人向けの国内観光旅行の活性化。マスクなどの着用や検温などの緩和。

第三段階 10月1日〜12月31日「国際インバウンド観光の進行」

外国人観光客の受入や台湾への入境規制の段階的緩和をしの国際観光を段階的に開放。

 

台湾交通部のプレス(グーグル翻訳)

通信省の三相交通と観光の流行防止が緩和され、観光を促進するために流行防止の新生活が実施されました

国内の流行は徐々に鈍化し、33日間連続して地元で確認された症例はなかったため、通信省の林嘉龍大臣は中央伝染病司令センターが推進する新しい伝染病予防キャンペーンに対応し、抗伝染病救援旅行とさまざまな公共交通機関の緩和策を積極的に計画しました。第7回防疫会議が今日の午後に開催された(15)。交通と観光の3段階の防疫対策緩和計画(案)が議論された。今年の流行の進展に関連して実施される予定だった公共交通のために計画された様々な防疫対策は、流行の状況に依存するこの開発は、防疫観光、安心観光、国際インバウンド観光の振興と相まって、緩やかに緩やかになっていきます。来週、防災指令センターに合意を提出してから実施されることが見込まれています。なお、各種対策の実施日は、依然として流行状況に応じて機動的に調整する必要があります。機会を遅くし、伝染病予防のリスクがないという前提の下で観光を活性化し、人々の通常の生活を徐々に回復させます。
通信省は、第1段階の実施段階は5月27日から7月31日までであり、最初に反流行観光を促進し、最初にいくつかの公共交通機関の反流行対策を緩めると述べました。その中で、路線の最初の反流行観光は5月27日に開始する予定です。通信省の観光局はまた、防疫ツーリズムの参照コード(ドラフト)を策定しました。これは、防疫ツーリズムの予防策を明確に規定し、人々や旅行代理店に参考にして、防疫のリスクを効果的に低減するように指示します。公共交通の反流行緩和部分は6月1日から社会的距離を保ちながら台湾高速鉄道のダイエットを緩和する予定ですが、食事終了後もマスクを着用する必要があり、ドラゴンボートフェスティバルの連休以降、台湾鉄道の長距離列車は欠航となります駅のきっぷを売らない、高速鉄道での無料乗車券の販売を禁止するなどの対策。
救援観光と公共交通の第2フェーズの拡大については、実施期間は8月1日から10月31日です。このうち、救援観光は、全国旅行の活性化計画を推進し、グループ観光、無料旅行宿泊施設、遊園地入場、台湾を提供します。バスや2階建てバスを見るインセンティブと割引、地元の特別な観光活動を促進するための地方自治体との協力。公共交通機関が緩んでおり、8月1日には台湾高速鉄道のケータリング管理を解除し、鉄道商品の販売再開、台湾高速鉄道の梅席の撤去、桃園空港ターミナルの出入り口の撤去などが見込まれます。 、マスクの必須着用、温度、および社会的距離の制限をキャンセルします。
現在の国際的な流行状況は依然として厳しいため、国際観光の段階的開放と国境管理は、プロモーションの第3フェーズとして記載されており、実施期間は10月1日から12月31日までであり、国際観光観光プロモーション部がその流行に協力します。センターと外務省は、「国際観光同盟」を促進するために国の流行管理を評価および安定化します。各主要ソース市場の境界管理と台湾への直行便の状況に応じて、センターは台湾への国際市場の回復と成長の機会に努めます。乗り継ぎ制限の解除、公共交通機関を利用できない乗客の帰還、国際クルーズ船の停泊の緩和、両岸旅客の目的地の復元、海路での直接輸送、旅客船の小規模なフライトなど、さまざまな国境管理措置の緩和。
林嘉龍大臣は、流行防止観光、救援旅行、国際観光観光の3段階の計画と、さまざまな公共交通機関の流行防止策の緩和により、国内市場は段階的に強化され、人々の生活は徐々に回復すると強調しました。最高の国際マーケティングとして、この流行状況は台湾がアジア、そして世界でも観光が最も早く回復する国であると信じています。中国は台湾の流行防止の素晴らしい成果を共有し、経済繁栄を迅速に回復します。
交通部三階段交通觀光防疫鬆綁,落實防疫新生活振興觀光-交通新聞稿-中華民國交通部

コメントを残す