海外渡航ニュース 2020年7月

コロナ関連情報 入国制限・緩和状況

LOTポーランド航空 : 7月5日より運行再開

7月5日より成田ーワルシャワ線の運行を再開。

トルコ : 外国人の入国制限を解除

6月16日より外国人のトルコへの入出国制限を解除。入国後の14日間の自己隔離は義務から推奨に緩和。(2020/06/18記載)

台湾 : 短期ビジネス関係者の入境緩和を発表

6月22日より3ヶ月以内の短期ビジネス訪問に関し入境、検疫の緩和を発表 。
招聘企業の関連証明書類、台湾における行程表及び防疫計画を準備すると同時に,搭乗前3日以内のCOVID-19にかかるPCR検査の陰性報告を準備して中央流行疾情指揮センターへ申請し審査を受ける。日本から渡航の場合は入境後、防疫ホテルに滞在し7日目にPCR検査をうける。陰性であれば申請により隔離から入境後21日間の自主健康管理への変更を申請することができる。(2020/06/18記載)

カンタス航空 : 10月末まで国際線の大半を結構

カンタス航空はオーストラリア政府が入国制限を2021年になるまで続ける可能性が高いとの見解を示したことにより、大半の国際線を10月下旬まで欠航することを決定。(2020/06/18記載)

エジプト :  国際航空便の運行再開7月1日から

エジプト政府は6月14日に発表。
7月1日から,エジプトの全ての空港で国際航空便の発着が可能となる。
7月1日から,新型コロナウイルス感染者の少ない南シナイ県,紅海県,マトルーフ県において,外国人観光客を受け入れる。(2020/06/18記載)

バングラデッシュ : アライバルビザ発給再開

6月14日にバングラデシュ外務省によると,海外投資家及びビジネス関係者に限り,当地オンアライバルビザを発給するとのことです。これまでの必要申請書類に加え,渡航前72時間以内に取得したPCR検査で新型コロナウイルス陰性であることが記載された英訳付きの診断書,投資・ビジネス目的を立証する書類が必要です。具体的な申請書類については,在日バングラデシュ大使館にお問い合わせください。(2020/06/17記載)

アエロメヒコ航空 : 7月より運行再開

7月より成田ーメキシコシティ線を週2便で再開と発表。(2020/06/17記載)

カタール : 入国制限少なくとも9月22日まで

入国可能なのは8月1日まではカタール国籍者のみ、8月1日から9月22日までは居住許可を所持している外国人が入国可能と発表。そのため一般の外国人は少なくとも9月22日までは入国できません。
入国をしないドーハ空港での乗換は制限なく可能です。(2020/06/17記載)

EU : 6月15日よりEU・シェンゲン域内の移動を再開

6月15日よりEU・シェンゲン加盟国は段階的に域内の移動の自由化を再開。
欧州委員会が運営するポータルサイト「Re-OPEN EU」にて各国間の入国・移動制限などを渡航に役立つ情報がリアルタイムに更新されます。。(2020/06/17記載)
(参照アドレス:Re-OPEN EU(英語)) https://reopen.europa.eu/en

コメントを残す