ビジネストラック・レジデンストラック < シンガポール >

入国制限・緩和状況 東南アジア

ビジネストラックの第一弾はシンガポール

外務省は9月18日よりシンガポールとの「ビジネストラック」を9月30日より「レジデンストラック」を開始すると発表しました。

レジデンストラック

2020年9月30日より申請受付が開始されました。

ビジネストラックの申請手続き

ビジネストラックは事前に活動計画を提出することにより、入国後14日間の隔離期間はありますがその期間中も用務先・勤務先へ最低限の訪問をすることが可能です。また日本帰国後も14日間の待機期間はありますが自宅と勤務先の往復が可能になります。
【対象者】
・ビジネス上、必要な人材であること
・日本居住者であって日本=シンガポール間の直行便を利用すること
・シンガポールでの滞在は30日以内であること

日本にて
出発前準備
■ シンガポールにある受入企業・機関がSafeTravel Passを申請・受領
シンガポール政府より「Approval Letter」が発行されますので写を持って渡航のこと。
https://safetravel.ica.gov.sg/japan/rgl/requirements-and-process
■ シンガポールにある受入企業・機関がSafeTravel Passportポータルサイトに入国後14日間の行動計画を登録
https://safetravel.ica.gov.sg/
■ [日本国籍者は免除]在日シンガポール大使館の承認する査証申請機関において査証等の申請
■ SG Arrival Cardのウエブサイトにて渡航前の健康状態及び渡航歴に関する申告書をシンガポール移民検問庁(ICA)に提出
https://eservices.ica.gov.sg/sgarrivalcard/
■ 14日間以上の日本滞在
■ 日本出国前72時間以内にPCR検査証明の取得
(PCR検査医療機関はこちら)
■ 航空便手配(日本ーシンガポール直行便に限る)
シンガポール ■ 「Approval Letter」の提示
■ 到着空港にてPCR検査(自己負担)、検査結果判明まで申告したホテル等で1-2日間の待機
■ 申告したホテル等へはシンガポール側受入企業等が移動手段を提供すること(公共交通機関不可)
■ Trace Togetherアプリのインストール
■ 14日間は活動計画書に基づき滞在先と用務先の往復等に限定
<待機期間中も制限はあるがお客様企業訪問など可能>
■ 14日間の健康モニタリング
■ シンガポール政府指定の医療機関にてカバーレターを提示しPCR検査証明を取得
※ 日本から渡航する日本人についてはシンガポール滞在期間が14日間以内である場合は検査証明の取得は不要
日本帰国

 

<空港にて>
■ 日本へ帰国した空港でのPCR検査
■ 質問票(健康状態等)の提出
■ 本邦活動計画書の提出
■ 接触確認アプリの導入等
<帰国後。14泊15日間>
■ 公共交通機関不使用
■ 本邦活動計画書に基づき、14日間は自宅と勤務先の往復等に限定
■ 14日間の健康フォローアップ
■ 14日間の位置情報の保存

 

コメントを残す