PCR陰性証明書 協力医療施設 国際的な書式規定ないためのトラブル

コロナ関連情報

PCR陰性証明書

国際線航空便に搭乗する際や、海外で入国する際にPCR陰性証明書を要求されるケースがたくさんございます。ご渡航の際には渡航国が証明書を要求しているか事前にご確認が必要です。現在経済産業省がビジネス渡航再開に向けて海外渡航者向けのPCR検査が可能な医療機関をリスト化しております。そこに掲載されておりますホームページは以下のリンクになります。

日本渡航医学会(PCR検査医療施設掲載)

なおPCR陰性証明書は国際的な規定の書式もなく、渡航国により必要な記入事項がまちまちです。陰性証明を取得しても入国できなかったというニュースがあります。PCR検査を受ける前に渡航先の「陰性証明に記載が必要な事項」を予め調べておくなど対策が必要です。

FNNプライムオンライン
新型コロナ「陰性証明書」でトラブル 海外渡航先で受け付け拒否も
https://www.fnn.jp/articles/-/78248
現在、海外に渡航をする際には、訪問先で新型コロナウイルスの陰性証明書を求められるケースがある。しかし、日本で発行された証明書を持参しても、入国の際に受け付けてもらえないトラブルが発生している。その現状を取材した。東京・大田区のクリニックでは、6月か...

 

 

コメントを残す