中国行き航空便搭乗時 PCR陰性証明必要に 9月25日〜

コロナ関連情報 東アジア

中国行き搭乗時にPCR陰性証明が必要(指定医療機関)

在日中国大使館は2020年9月25日搭乗分より中国行き航空便へ搭乗する場合にはチェックイン時に3日以内に発行されたPCR陰性証明書が必要になると発表いたしました。
大使館の指定医療機関で検査を受ける必要があります。指定医療機関は大使館のホームページに掲載されております。

 

日本から中国へ渡航される方へ:新型コロナウィルスPCR検査陰性証明提示による搭乗開始のお知らせ
2020/09/09
海外渡航における健康と安全を確保し、国境を越え感染症が伝播するリスクを低減させるため、中国民用航空局、海関総署、外交部の公告に基づき、2020年9月25日(25日当日を含む)より、日本から中国へ渡航する中国籍及び外国籍の旅客は、3日以内(発行日を基準とする)の新型コロナウィルスPCR検査陰性証明が搭乗手続に必要となります。

外国籍の方の搭乗方法:

(1)日本から直行便で中国へ行く場合

搭乗前3日以内に指定検査機関(リスト:添付ファイル参照)にて、規定の陰性結果証明(紙媒体)を取得し、搭乗時その原本及びコピーを航空会社に提出してください。別途、中国大使館・総領事館に≪健康状況声明書≫を申請する必要はありません。

(2)日本から第三国・地域を乗継・経由して中国へ行く場合

搭乗前3日以内に指定検査機関にて、規定の陰性結果証明(紙媒体)を取得してください。証明取得後12時間以内に、有効期間内のパスポート資料ページ(顔写真のあるページ)、PCR検査陰性証明、申請者署名済の≪健康状況声明書≫(様式:添付ファイル参照)のスキャンデータを中国大使館・総領事館の以下の指定メールアドレスまで送付してください(検査機関所在地を管轄する大使館・総領事館に送ってください。各館の管轄地域については後述に記載しております)。中国大使館・総領事館のチェック完了後、メールにて健康状況声明書のスキャンデータを申請者に返送します。申請者は同データ印刷のうえ空港まで持参をお願いします。健康状況声明書の有効期間内に乗継・経由するよう注意し、移動中は関係機関のチェックに備えPCR検査陰性結果証明原本(紙媒体)を常に携帯するようにしてください。

www.china-embassy.or.jp
日本から中国へ渡航される方へ:新型コロナウィルスPCR検査陰性証明提示による搭乗...
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/sgxw/t1813386.htm

コメントを残す