オートリファンド停止中の航空会社

海外航空券 航空会社

オートリファンド停止中

以下の航空会社はオートリファンドを停止いたしました。そのため払い戻しには相当の(数ヶ月から1年)時間がかかるか、現金での払い戻しはされず次回航空会社利用可能なバウチャーでの払い戻しになる可能性もあります。
旅行会社と航空会社はBSPという決済方法で精算をしております。毎月1日〜7日、8日〜15日、16日〜23日、24日〜月末の4つの期間(ピリオドと言う)に分けて月4回の送金が行われます。支払い期限は1種類で各ピリオドの2-3日後に精算額が確定しその後、銀行口座から自動引き落としとなります。

BSPとは
航空会社と旅行会社の間の発券データ報告、支払い、払戻を行うシステムでBSP Japanでは1971年の創設以来みずほ情報総研が受託しておりましたが2012年5月より中国のACCA( Account Center of China Aviation )が受託しております。

航空券を払戻する場合2つの精算方法があります。

オートリファンド
GDSという予約端末で旅行会社が取消料を引いた金額を計算し払戻処理をいたします。払戻は旅行会社が払戻処理をした日を基準とし航空券を発券した場合と同じ月4回の精算で直ぐに航空会社から返金手続きがなされます。操作もGDSの払戻コマンドで簡単に完了します。台風などで欠航の場合は航空会社は取消料免除コードを発行し取消料無料でオートリファンドをいたします。

RAN(Refund Application Notice)申請
旅行会社からGDSを介さず航空会社に直接払戻申請をする方法です。旅行会社側ではBSP LinkというWeb画面フォームに搭乗者氏名、航空券番号、払戻申請理由や証拠の添付書類を登録します。こちらは旅行会社が払戻申請をした日ではなく航空会社側で払戻承認をした日が払戻日となります。
RAN申請をするのは複雑な旅程の航空券で接続できず規定以外の航空会社に振替され規定ルールでは計算できないような場合に旅行会社が航空会社に判断を仰ぐ場合に利用する申請方法です。払戻にかかる時間は様々ですが概ね3週間から2カ月程度です。

今回は航空会社が直ぐに払戻が可能なオートリファンド手続きを停止し、払戻はRAN申請に限定してかつRAN申請を提出しても航空会社が承認をしないという手段で実質のところ払戻をしないという点が問題です。

コード 航空会社名 日付
AD アズール・ブラジル航空 4月10日 13:10頃~
AF エールフランス航空 3月19日 09:30頃~
AI エアインディア 4月13日~
AV アビアンカ航空 3月22日 09:30頃~
BI ロイヤルブルネイ航空 4月22日 14:06~
ET エチオピア航空 4月10日 14:00頃~
EY エティハド航空 3月25日 10:00頃~
FJ フィジーエアウェイズ 3月20日 09:30頃~
GA ガルーダ・インドネシア航空 3月24日 11:00頃~
JJ ラタム航空ブラジル 4月3日~
KL KLMオランダ航空 3月19日  09:30頃~
KM マルタ航空 4月8日01:27頃~
KQ ケニア航空 3月31日~
LA ラタム航空 4月3日~
LO LOTポーランド航空 3月26日 18:00頃~
LY エルアル・イスラエル航空 3月26日~
MH マレーシア航空 4月7日~
MS エジプト航空 3月28日 4:30頃~
OD マリンド・エア 3月23日  14:00頃~
PK パキスタン航空 7月27日〜
PR フィリピン航空 4月9日~
SA 南アフリカ航空 3月21日  09:30頃~
SK スカンジナビア航空 3月26日10:45頃~
SL タイライオンエアー 5月9日 03:45頃~
SQ シンガポール航空 3月20日 17:00頃~
SU アエロフロート・ロシア航空 3月25日 16:30頃~
S7 S7航空 3月31日 6:20頃~
TG タイ国際航空 3月27日 9:30頃~
UL スリランカ航空 4月6日~
VA ヴァージンオーストラリア航空 4月21日19:41~
VN ベトナム航空 3月13日  19:45頃~
VS バージンアトランティック航空 3月30日17:45頃~
ZE イースター航空 5月15日~

 

コメントを残す