燃油サーチャージの推移

海外航空券

燃油サーチャージとは(燃油特別付加運賃)

原油の価格が高騰し航空機に利用する燃料代金が高騰したことをきっかけに国際航空運送協定(IATA)が1997年に導入を決議いたしました。航空運賃とは別に搭乗者に燃油サーチャージを徴収することを認めたものです。JALやANAでは「燃油特別付加運賃」と正式には呼んでおります。
この金額は航空会社により異なり、また徴収しない航空会社もあります。
金額は2ヶ月に1回程度、原油価格により改定さてます。基準となる金額は搭乗日ではなく発券日に設定されている金額が徴収されます。多くの航空会社の場合には航空券の空港税の欄に運賃とは別に表示されJALやANAの場合には「YQ」というコードで記載されます。
特典航空券の場合でも徴収する航空会社が多いです。

燃油サーチャージの推移

JAL 日本 = アメリカ本土・カナダ、ヨーロッパ、オーストラリア線の片道分

期間(発券日) 料金
2021年2月〜 未定
2020年6月〜2021年1月 0円
2019年10月〜2020年5月 10,500円
2019年8月〜2020年9月 14,000円
2019年6月〜2020年7月 10,500円
2019年4月〜2020年5月 7,000円
2019年2月〜2020年3月 17,500円
2018年8月〜2019年1月 14,000円
2018年2月〜2018年7月 10,500円
2017年12月〜2018年1月 7,000円
2017年8月〜2017年11月 3,500円
2017年4月〜2017年7月 7,000円
2017年2月〜2017年3月 3,500円
2016年4月〜2017年1月 0円
2015年12月〜2016年3月 7,000円
2015年8月〜2015年11月 10,500円
2015年4月〜2015年7月 14,000円
2014年12月〜2015年3月 21,000円
2014年8月〜2014年11月 25,000円
2014年4月〜2014年7月 23,500円
2013年10月〜2014年3月 21,000円
2013年4月〜2014年9月 23,500円

 

コメントを残す